カルバトールはてんかん治療に効果的?

カルバトールとは脳内の神経の過剰な興奮を鎮め、てんかん発作を抑えるテグレトールのジェネリック薬品です。先発薬のテグレトールは厚生労働省の承認がおりていますが、カルバトールは承認がおりておらず、購入する場合は個人輸入で購入する必要があります。

疲れやすいなど重度の副作用とカルバトールの通報

カルバトールは、精神疾患、脳神経、末梢神経に効果のある医薬品です。とくにてんかん病に対しての効果が優れ有名な医薬品でもあります。
日本では同じ主成分の先発の正規の医薬品を、医師の処方箋により病院でだして貰うため高額になってしまいます。カルバトールはジェネリック医薬品で正規の薬と全く同じ効果を発揮して、正規の薬よりかなりお得な価格で購入できます。しかしジェネリック医薬品のカルバトールは日本では購入できないため、個人的に海外から通販サイトで購入すると割安です。
カルバトールは脳内の神経の過剰な興奮を抑えてんかん特有の痙攣発作や、それに伴う精神症状の治療に効果があります。
脳神経、末梢神経細胞のNaチャネルを遮断して、神経細胞の複雑部分発作に効果がみられてんかんの側頭葉部分特効薬として使用されています。
このように脳神経の興奮をしずめる作用から、双極性障害(躁鬱病)、顔面が硬直して激しい痛みを伴う神経痛の治療薬、アルツハイマーを始めとする認知症、不安や緊張などの精神疾患にと幅広く使用されています。
カルバトールは即効性がないため個人差はありますが一週間~数週間かかる場合があり、服用する量は年齢、症状によって変わるため薬管理の点は医師にアドバイスを受ける必要があります。
カルバトールの副作用には頭痛、めまい、目のかすみ、眠気、倦怠感など疲れやすい点などです。また急な服用中止はさらに危険を伴いますので、通販サイトで購入しても患者独自の判断は命とりです。個人の責任で購入した医薬品の事故は、通報しても自己責任です。
また他の医薬品を処方されている場合、このカルバトールとの相互作用でさらに重たい副作用もあります。