カルバトールはてんかん治療に効果的?

カルバトールとは脳内の神経の過剰な興奮を鎮め、てんかん発作を抑えるテグレトールのジェネリック薬品です。先発薬のテグレトールは厚生労働省の承認がおりていますが、カルバトールは承認がおりておらず、購入する場合は個人輸入で購入する必要があります。

2016年07月の記事一覧

てんかん発作にカルバトールがどのように作用するのか

てんかんは古くから知られている病気であり、脳の神経細胞で異常な電気信号が発生し、それに伴って意識障害や痙攣が突然起こる病気です。
その原因については詳しい事は分かってはいないものの症状を抑える事は可能であり、カルバトールはそうしたてんかん発作の症状を抑える効果があります。
てんかん発作と一言で言っても症状は色々とあり、その症状に合わせて治療薬が選択され、カルバトールの成分であるカルバマゼピンは脳の一部の神経細胞が興奮する部分発作に対する第一選択薬としてよく用いられています。
一方、てんかんの症状でも短時間意識を失う欠神発作や手足が痙攣するミオクロニー発作、力が抜けてしまう脱力発作に対しては効果が無いと言われています。
それではカルバトールがどのようにしててんかんに対して作用するのかを簡単に説明します。
まず、我々の脳内の神経細胞はナトリウムイオンや塩化物イオンを細胞内に取り込む事によって、それに合わせた電気信号を伝達しています。
ナトリウムイオンのようなプラスのイオンの場合は電気的興奮作用をもたらし、それに対して塩化物イオンのようなマイナスのイオンは抑制作用がある事が知られています。
それらのイオンを神経細胞内に取り込む際には近くにイオンがあれば勝手に取り込まれるというのではなく、イオンチャネルと呼ばれる場所を通過して内部に取り込まれています。
カルバトールの成分であるカルバマゼピンはナトリウムチャネル阻害薬と呼ばれていて、ナトリウムイオンチャネルを抑制してナトリウムイオンが神経細胞内に入って電気的興奮を起こす事を抑制します。
このような作用によって部分発作のようなてんかん発作に対して有効となっています。

続きを読む