カルバトールはてんかん治療に効果的?

カルバトールとは脳内の神経の過剰な興奮を鎮め、てんかん発作を抑えるテグレトールのジェネリック薬品です。先発薬のテグレトールは厚生労働省の承認がおりていますが、カルバトールは承認がおりておらず、購入する場合は個人輸入で購入する必要があります。

2016年09月の記事一覧

カルバトールと習慣と共同偏視について

両眼が同じ方向に向いたままの状態を共同偏視と言います。
眼球には眼球の運動を行う神経があります。
その神経の周辺に病変があったり、脳内出血があったりすると、正常な眼球の運動ができなくなります。
そうなると、共同偏視になります。
共同偏視は、てんかん発作や脳炎、脳腫瘍、頭部外傷などが原因となって起きます。
てんかん発作では、長時間持続することはありません。
てんかんは、誰もがなる可能性がある病気です。
突然意識がなくなり、痙攣などが起こるので、てんかんの発作を初めて見た人はびっくりしてしまうことが多いです。
しかし、てんかんの発作は、長くは続かず、しばらくすると元の状態まで回復します。
てんかんの疑いがある場合、まず脳波の検査をします。
脳波の検査では、脳の中で発生している電気の状態をチェックします。
脳波は、波のような線で出てきます。
脳波検査は、脳の活動を調べるためには、非常に有効な検査なのです。
てんかんは子供に多い病気です。
脳波検査は、小さな子供でも検査することが可能ですが、子供の場合、検査が怖くて動いてしまうことも多いです。
そうすると、正しく測定できないことがあります。
検査中に子供が寝ると、睡眠中の脳波を取ることができ、診断を行う時の助けになります。
脳波検査だけでなく、CT検査やMRI検査を行うことで、てんかん以外の病気の有無を調べます。
てんかんの治療には、カルバトールなどの抗てんかん薬を使うことが多いです。
カルバトールは、世界中で使われている抗てんかん薬です。
てんかんの治療には、抗てんかん薬の服用だけでなく、健康的な生活習慣も必要です。
食事からしっかりと栄養を取り、質の良い睡眠を取るように心がけることが大切です。

続きを読む