カルバトールはてんかん治療に効果的?

カルバトールとは脳内の神経の過剰な興奮を鎮め、てんかん発作を抑えるテグレトールのジェネリック薬品です。先発薬のテグレトールは厚生労働省の承認がおりていますが、カルバトールは承認がおりておらず、購入する場合は個人輸入で購入する必要があります。

2016年10月の記事一覧

カルバトールと所見と分類について

てんかん患者は、世界中にいます。
1度でも発作を経験したことがある人は、日本でも1割ほどいると考えられています。
発作が何度も起こり、てんかんだと診断される人は、1%くらいいます。
脳の神経細胞が異常な興奮状態になってしまうと、脳の機能が低くなります。
そして、急に意識がなくなったり、けいれんを起こしたり、脱力状態になったりします。
そして、てんかんの発作が慢性化すると、脳に障害が出るケースもあります。
小さな子供の場合、特に脳への影響が大きいです。
てんかんは、所見から様々な分類ができます。
日本では、薬物治療でてんかんを治療することが多いです。
有名な抗てんかん薬といえば、カルバトールです。
カルバトールは、ジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品なので、価格が安いことが魅力です。
カルバトールは、躁病や三叉神経痛など、てんかん以外の病気にも使われます。
てんかんと判断された場合は、医師と一緒に治療の計画を立てていきます。
多くのてんかん患者は、薬物治療によって発作をコントロールでき、一般の社会人と同じように仕事を持つことも可能となっています。
てんかんは、長期治療になることが多いため、自己判断で服用を止める人もいます。
しかし、医師の許可なく服用を止めてしまうと、症状が悪化することもあるので注意が必要です。
薬を服用している間は、必ず医師の指導を守り、用量と用法を守って治療を続けていく必要があります。
カルバトールは、めまいや眠気、吐き気などの副作用が出ることがあります。
副作用の症状が強く出た場合は、病院へ行き、早めに医師の診断を受けることが大切です。
場合によっては、薬の服用量を調節することもあります。

続きを読む